Entries

スポンサーサイト

《2:その時いる場所別、最初の行動》 

その4-2【学校】廊下にいた場合は、窓ガラスから離れ、落下物に注意し丈夫な壁の近くや柱の多い場所に身を寄せます。体育館にいる場合は、壁に身を寄せ、落下物に注意します。揺れがおさまったら出口を確保し、緊急放送や職員の指示に従って落ち着いて行動しましょう。なお、登下校中に大きな揺れを感じたら、状況によりますが、すみやかに自宅に戻り、事態がおさまったら学校に無事を連絡します。...

《2:その時いる場所別、最初の行動》 

その5-1【デパート/スーパー】◆デパート/スーパーにいる場合の最初の行動◆「危険なのは商品の落下とパニック」 ・ショーウィンドウや陳列棚から離れる。 ・ベンチやテーブルの下などへ避難する。 ・手持ちカゴをヘルメットに。 ・揺れがおさまったら、放送・係員の指示に従う。 ・パ二ックに要注意 ・子供がはぐれないように!陳列棚、ショーウインドーからいち早く離れる。揺れの衝撃でショーウィンドウが割れたり、家具...

《2:その時いる場所別、最初の行動》 

その5-2【デパート/スーパー】スーパーだったら、手持ちかごをヘルメット代わりに頭を守りましょう。揺れがおさまったら、店内放送をよく聞き、係員の指示・誘導に従います。休日は特に大勢の人々が利用します。出入り口や階段に人が殺到し、パニックになる危険性があります。またあわてて外に飛び出すと、ガラスや看板が落ちて危険です。できる限り落ち着いて指示に従いましょう。子どもを連れた人は、はぐれないようにしっかり...

《2:その時いる場所別、最初の行動》

その6-1【エレベーター内】◆エレベーター内にいる場合の最初の行動◆「閉じ込められても焦らない」 ・すみやかに最寄りの階で降りる。 ・閉じ込められても落ち着いて行動すること。 ・避難時には使用しないエレベーターに乗車中に揺れを感じたら、すべての階のボタンを押し、最寄りの階で降ります。停止した階で火災が発生している恐れもあるので、安全を確認して降りましょう。エレベーターによっては、管制運転の機能(最寄り...

《2:その時いる場所別、最初の行動》

その6-2【エレベーター内】万が一閉じ込められた場合は、無理に脱出しようとせす、落ち着いて非常連絡ボタンを押して、係員と連絡を取ります。係員がインターホンで誘導してくれるので、連絡をとった後は焦らすに救助を待ちましょう。なお、乗りかごの中は密室構造ではないので、窒息の恐れはありません。地震発生後は、エレベーターが稼動していても、避難用に使ってはいけません。エレベーターに人が殺到し混乱すると、大切な避...

《2:その時いる場所別、最初の行動》

その7-1【エスカレーター/階段】◆エスカレーター/階段にいる場合の最初の行動◆「人の波に注意!」 ・手すりにつかまり、身を低くする。 ・将棋倒しの危険に注意! ・パニックに巻き込まれないように冷静に。 ・エスカレーターは避難時に使用しない。エスカレーターと階段は、ほとんどの建物にあり、みんなが利用する設備です。エスカレーターや階段にいる時に、ちょうど地震が起きた場合、大きな揺れであれば、バランスを崩...

《2:その時いる場所別、最初の行動》

その7-2【エスカレーター/階段】また、階段は、避難経路として使用されることが多くあります。駅やデパートなど、大勢の人が利用する場所では、パニックに巻き込まれる危険性も高くなりますので、できる限り冷静に行動しましょう。なお避難時でのエスカレーターの使用は、混乱と事故を避けるため、使わないことです。万が-の場合を考え、ふだんから手すりをつかみ、前の人と間隔を空けて乗るなどの心がけも大切です。...

《2:その時いる場所別、最初の行動》

その8-1【駅】◆駅(地上)にいる場合の最初の行動◆「線路に転落しないように注意!」 ・線路から離れる ・落下物から身を守る ・駅員の指示に従う駅のホームにいた時に地震が発生したら、ホームから落ちないように注意してください。もし線路に落ちてしまったら、対向車両や高圧電線などに注意し、すぐにホーム下の待樋口(ホームの下にあるすきま)に待避します。揺れがおさまったら、大声で助けを呼びましょう。もし、ホーム...

《2:その時いる場所別、最初の行動》

その8-2【駅】また、万が-の時の転落を防ぐためにも、ふだんからホームの端に立たないように心がけておきましょう。ホームの上にいた場合は、時計や電光掲示板、看板、自動販売機などが倒壊・落下する恐れがあります。その際は、カバンや上着で頭を保護して、丈夫そうな柱や壁際で、揺れがおさまるのを待ちましょう。逃げ場所がなければ、停車している電車に乗ります。駅の出入口や階段などは、人が殺到します。特に、利用人口の...

《2:その時いる場所別、最初の行動》

その9-1【地下鉄に乗車中】◆地下鉄に乗車中の場合の最初の行動◆ ・乗務員の指示に従う ・急停止・脱線の衝撃に注意 ・あわてて車外に飛び出さない ・ラッシュ時には特に注意地下鉄に乗っている時に大きな地震が発生すると、電車はすぐに停まります。急停止する可能性が高いので、立っていたら、つり革や手すりにしっかりつかまり、足を開いてふんばります。また座っていたら、前かがみになって頭を守り、足や腰でふんばりまし...

《2:その時いる場所別、最初の行動》

その10-1【映画館】◆映画館にいる場合の最初の行動◆ ・座席の下に潜る ・落ち着いて係員の指示に従う ・パニックに要注意映画館にいたら映画館や劇場などは柱が少ないので、天井が落ちてくる恐れがあります。地震発生時は座席の間へ入り、カバンなどで頭を保護して身を丸めましょう。たとえ天井が落ちてきたとしても、圧死を免れることができます。...

《2:その時いる場所別、最初の行動》

その9-2【地下鉄に乗車中】地下鉄では、たいていの場合、すぐに電車が動き出し、次の駅へ向かうことができます。停電時にも、バッテリーなどで列車の運行は確保されます。けれど電車や線路に異常があった時は、揺れがおさまっても、しばらく動くことができないケースもあります。その際は車内放送をよく聞いて状況を把握し、かならす乗務員の指示に従いましょう。また、あわてて電車の外に出たりしないことです。線路のそばにある...

《2:その時いる場所別、最初の行動》

その10-2【映画館】停電時には非常灯がつき、真っ暗になるようなことはありません。ただ、館内の通路や出入口は狭い作りになっているので、人が殺到するとけが・圧死などの危険性もあります。この方がよっぽど危険です。揺れが収まってもパニックにならないよう、落ち着いて係員の指示に従いましょう。また避難の際は、稼動していてもエレベーターは使用しないことです。...

《2:その時いる場所別、最初の行動》

その11【スタジアム】◆スタジアムにいる場合の最初の行動◆ ・座席の下に潜る ・落ち着いて係員の指示に従う ・パニックに要注意開催される試合によっては、数万人規模の観客であふれるスタジアム。地震発生時、最も重要なことはパニックにならないことです。大きな揺れが起きたら下手に動かずに、座席の問に入り、頭を保護して身を丸めましょう。揺れがおさまったら緊急放送をよく聞き、係員の誘導に従って落ち着いて避難しま...

《2:その時いる場所別、最初の行動》

その13-1【テーマパーク】◆テーマパークにいる場合の最初の行動◆「あわてずに状況を確認」 ・係員の指示に従う ・柱の近くやテーブルの下へ避難 ・パニックに要注意遊園地などの施設は、頑丈な構造で作られているので、全壊するようなことはありません。地震が起こった時、もし乗り物に乗っていたら、体を固定してある安全バーにしっかりとつかまりましょう。乗り物は、地震発生時には、所定の停止位置まで進んで停まる物や、...

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール


こんにちは!

家庭の防災・防犯コンサルタント
秋吉 光司です。

秋吉 光司


子供の頃から自然に接するのが
好きで現在もスキー・ラフティング
・キャンプといったアウトドアで
過ごす時間を大事にしています。
自然の中では、その素晴らしさと
一緒に“怖さ”を知ることが大事。
この自衛・救命・救助の体験学習
が、私のサバイバルの基本です。

「防災」に強く関心を持ったきっ
かけは、阪神淡路大震災でした。
友人・取引先・関連会社など多数
の知り合いが被災しました。
この時見聞きしたこと・経験から、
家の補強や避難の装備といった
「備え」の大切さと共に、
被災に対応するサバイバルな
「心構え」「状況判断」の大切さ
を実感し、必要な知識を身に付け
なければならない、と強く確信し
たからです。
この気持ちは自分が家庭を持って
更に強いものとなりました。

こうして集めた情報を、友人達や、
家庭を持つ多くの方にも伝える為
に、2004年10月よりメールマガジン
「暮らしの安心・安全を築く、総合
セキュリティ情報」として配信して
います。

※現在(2005/11~)メールマガジンは
暫定休刊とさせて頂いております。

 Koji Akiyoshi (K's Works)

メールフォーム

秋吉への質問・ご意見は
こちらからどうぞ。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。