Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/600-0f9b6883

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

首都圏でマンション構造計算書偽造、耐震性不十分の恐れ

 さて、今日一番の気になるニュースはこれ!


  http://www.asahi.com/national/update/1117/TKY200511170340.html


 なんという恐ろしい話でしょう!

 構造計算を依頼された姉歯(あねは)建築設計事務所が、
 「コスト削減のプレッシャー」から耐震性にかかわる構造計算書を偽造し、
 その耐震設計を偽造されたマンションは、東京、千葉、神奈川の1都2県に
 マンション20棟とホテル1棟が存在し、そのうち完成済みのマンション2棟
 は震度6強~7程度の地震に耐える基準を満たさず、震度5強程度で倒壊する
 おそれがあるというのです。
 既に完成している13棟は分譲、賃貸マンションで計471戸。
 これらについて、耐震性の確認を急ぐとともに、補強や建て替えが必要になる
 ことも予想されます

 問題の建物の所在地(他に1カ所が調査中)は以下

 東京都=中央区2(うちホテル1)、港区2、足立区2、墨田区、江東区、
 渋谷区、新宿区、稲城市
 ▽千葉県=船橋市5、白井市
 ▽神奈川県=横浜市、川崎市、藤沢市、相模原市

 国交省は偽造された疑いのある建物名を、所有者の了解が得られしだい公表
 する方針。

 問題の構造計算書は、市役所などに代わって建築確認の審査をする都内の
 建築関連検査会社に提出され、そこでは偽造が分からないまま、認可された。


 この事件の問題は、どちらかというと構造計算書を点検する側にあるのでは。
 もちろん姉歯建築設計事務所の計算書偽造は有り得ない話だが。
 この構造計算書が提出され、点検を行った自治体か民間の検査機関が偽造を
 見逃した責任は重大だ。
 また、この危険なマンション・ホテルの公表は、所有者の了解を得てから
 とのことだが、周辺の住民の安全や財産保持を考えても、まず危険を知らせる
 ことが先決と思うが、如何だろうか?


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/600-0f9b6883

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール


こんにちは!

家庭の防災・防犯コンサルタント
秋吉 光司です。

秋吉 光司


子供の頃から自然に接するのが
好きで現在もスキー・ラフティング
・キャンプといったアウトドアで
過ごす時間を大事にしています。
自然の中では、その素晴らしさと
一緒に“怖さ”を知ることが大事。
この自衛・救命・救助の体験学習
が、私のサバイバルの基本です。

「防災」に強く関心を持ったきっ
かけは、阪神淡路大震災でした。
友人・取引先・関連会社など多数
の知り合いが被災しました。
この時見聞きしたこと・経験から、
家の補強や避難の装備といった
「備え」の大切さと共に、
被災に対応するサバイバルな
「心構え」「状況判断」の大切さ
を実感し、必要な知識を身に付け
なければならない、と強く確信し
たからです。
この気持ちは自分が家庭を持って
更に強いものとなりました。

こうして集めた情報を、友人達や、
家庭を持つ多くの方にも伝える為
に、2004年10月よりメールマガジン
「暮らしの安心・安全を築く、総合
セキュリティ情報」として配信して
います。

※現在(2005/11~)メールマガジンは
暫定休刊とさせて頂いております。

 Koji Akiyoshi (K's Works)

メールフォーム

秋吉への質問・ご意見は
こちらからどうぞ。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。