Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/598-90f98e2a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

新型インフルエンザに関するニュース

 人への鳥インフルエンザ感染が、中国でやっと確認されました。


 1)中国衛生省、人への鳥インフルエンザ感染確認・香港紙
   http://health.nikkei.co.jp/birdflu/index.cfm?i=2005111602552ph&genreNum=1


  鳥インフルエンザの問題としては、この中国の例が端的だ。
  世界保健機関(WHO)との共同調査の結果「陽性」との発表だが、
  中国の独自の検査では、ずっと「陰性」だったのだ。

   http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2005&d=1118&f=politics_1118_001.shtml
  隠していないにしても、その検査技術に大きな疑問を持たざるを得ない。

  鳥インフルエンザの中国での被害は、拡大している。
   http://news.searchina.ne.jp/topic/284.html

  またインドネシアでは、新たに16歳と20歳の女性2人が死亡した事が
  確認された。インドネシアでの鳥インフルエンザによる死者は、これで
  合わせて7人となった。



  さて、「新型インフルエンザ」は、世界中で大流行の恐れが高まっています

  インフルエンザなどの大流行を「バンデミック」といいます。
  有名なのは1918年から1919年に起こったスペイン風邪です。
  このときの感染者は6億人、死亡者は約5000万人に上りました。

  厚生労働省が新型インフルエンザ対策行動計画を正式に発表しました。
   http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
   この↑サイトの総論(PDF)や新型インフルエンザ対策報告書(PDF)

  最近インフルエンザ関連で、よく聞く単語が「タミフル」です。
  この「タミフル」、スイスのロシュが特許を保有しています。
  先日、ロシュは供給量の問題から(特許権の保持も理由だそうだ)
  インドを初めとする世界各国での製造許可を出し始めた。

  供給量が懸念されていた「タミフル」だが、上記の厚労省の行動計画では
  感染状況などから対策を6段階に分け、最悪の場合、全人口の25%が
  新型インフルエンザに罹患(りかん)すると想定し、治療薬「タミフル」
  の備蓄を2500万人分(1日2カプセルで5日分)確保するといった内容
  になっている。来年度中に達成する予定とのことだ。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/598-90f98e2a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール


こんにちは!

家庭の防災・防犯コンサルタント
秋吉 光司です。

秋吉 光司


子供の頃から自然に接するのが
好きで現在もスキー・ラフティング
・キャンプといったアウトドアで
過ごす時間を大事にしています。
自然の中では、その素晴らしさと
一緒に“怖さ”を知ることが大事。
この自衛・救命・救助の体験学習
が、私のサバイバルの基本です。

「防災」に強く関心を持ったきっ
かけは、阪神淡路大震災でした。
友人・取引先・関連会社など多数
の知り合いが被災しました。
この時見聞きしたこと・経験から、
家の補強や避難の装備といった
「備え」の大切さと共に、
被災に対応するサバイバルな
「心構え」「状況判断」の大切さ
を実感し、必要な知識を身に付け
なければならない、と強く確信し
たからです。
この気持ちは自分が家庭を持って
更に強いものとなりました。

こうして集めた情報を、友人達や、
家庭を持つ多くの方にも伝える為
に、2004年10月よりメールマガジン
「暮らしの安心・安全を築く、総合
セキュリティ情報」として配信して
います。

※現在(2005/11~)メールマガジンは
暫定休刊とさせて頂いております。

 Koji Akiyoshi (K's Works)

メールフォーム

秋吉への質問・ご意見は
こちらからどうぞ。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。