Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/587-23d900a2

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

パキスタン地震 関連の情報

 パキスタンでは、イスラム教徒のラマダン(断食月)が始まった(今月6日)
 ばかりで、地震発生時が日の出前の朝礼を終えた後に、家族揃って就寝した
 時刻に重なった点も、その被害の拡大に大きく影響している。

 被災地では、激しい雨や余震で地滑り、家屋倒壊の危険性も増す中、建物など
 の下敷きとなった住民の懸命の救出作業が続いている。


1)日本の救助チーム現地へ、緊急物資も2500万円相当
   http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20051009it13.htm

 政府は9日、大地震に見舞われたパキスタンに対し、外務省、警察庁などの
 関係省庁による国際緊急援助隊の救助チーム49人を派遣した。
 倒壊した建物からの救出などに当たる。
 また、毛布2000枚や寝袋500個など2500万円相当の緊急援助物資を
 提供することを決めた。同国政府の依頼に基づく措置で、プラスチック容器や
 浄水器、発電機なども送る。


2)断層のずれ、最大12m パキスタン地震で筑波大が解析
   http://www.asahi.com/international/update/1010/002.html

 8日のパキスタンの地震は、特に地下の浅いところで断層が大きくずれたため
 に、被害を大きくしたとみられることが、八木勇治・筑波大学助教授の解析で
 分かった。
 八木さんが世界の地震波観測データを解析した結果、地殻の破壊は北西と南東
 の2方向に進んでいた。
 破壊は約28秒続き、断層は長さ約80キロ、幅約20キロに及んだ。
 断層が大きくずれたのは、深さ0~9キロの浅い領域に集中しており、ずれは
 最大で約12メートルに達した可能性があるという。
 このため、震源付近では地表に強い揺れをもたらし、被害を大きくしたと八木
 さんはみている。

 纐纈一起・東京大学地震研究所教授によると、震源が浅い地震では地表を
 伝わる表面波が出やすく、表面波は周期の長い揺れを起こしやすく、
 長周期の地震波に共振する高層の建物だけが選択的に被害を受けた可能性も
 あるという。


3)3つのプレートのせめぎあう境界付近 パキスタンの地震
   http://www.asahi.com/special/051008/TKY200510080228.html

 パキスタン北部は、地球を覆う岩板(プレート)のうち、ユーラシアプレート
 インド・オーストラリアプレート、アラビアプレートの三つがせめぎあう境界
 付近にあたると、加藤照之・東京大学地震研究所教授はいう。
 このため過去にも、しばしば地震が起こっている場所だ。

 米地質調査所の地震波の分析によると、今回の地震は、断層を境に上側の地盤
 が他方へ乗り上がる動きをする逆断層タイプの地震だった。
 震源は深さ約10キロと浅く、震源地付近は強い揺れに襲われたとみられる。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/587-23d900a2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール


こんにちは!

家庭の防災・防犯コンサルタント
秋吉 光司です。

秋吉 光司


子供の頃から自然に接するのが
好きで現在もスキー・ラフティング
・キャンプといったアウトドアで
過ごす時間を大事にしています。
自然の中では、その素晴らしさと
一緒に“怖さ”を知ることが大事。
この自衛・救命・救助の体験学習
が、私のサバイバルの基本です。

「防災」に強く関心を持ったきっ
かけは、阪神淡路大震災でした。
友人・取引先・関連会社など多数
の知り合いが被災しました。
この時見聞きしたこと・経験から、
家の補強や避難の装備といった
「備え」の大切さと共に、
被災に対応するサバイバルな
「心構え」「状況判断」の大切さ
を実感し、必要な知識を身に付け
なければならない、と強く確信し
たからです。
この気持ちは自分が家庭を持って
更に強いものとなりました。

こうして集めた情報を、友人達や、
家庭を持つ多くの方にも伝える為
に、2004年10月よりメールマガジン
「暮らしの安心・安全を築く、総合
セキュリティ情報」として配信して
います。

※現在(2005/11~)メールマガジンは
暫定休刊とさせて頂いております。

 Koji Akiyoshi (K's Works)

メールフォーム

秋吉への質問・ご意見は
こちらからどうぞ。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。