Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/586-e2fe9d6d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

偽造・盗難カード補償ルール発表 「重大過失」など例示


  http://www.asahi.com/national/update/1006/TKY200510060313.html


 全国銀行協会は、偽造・盗難キャッシュカードによる預金の不正な引き出し
 について、被害補償の自主ルールを発表した。
 被害は原則として全額補償するが、預金者本人が暗証番号を他人に教える・
 暗証番号を生年月日などにして免許証と一緒に携帯していた場合などの
 「重大な過失」があれば、偽造・盗難とも補償を義務づけないとし、盗難
 カードによる引き出し被害の補償額を4分の3に減額する可能性がある。

 全銀協の加盟行に加え、信用金庫など他の金融機関も、今回の自主ルールを
 基に、約款を改定。過失などの事例も預金者に明示する。


《重大な過失または過失となりうる場合》
  http://www.zenginkyo.or.jp/news/17/index171006.html

1.本人の重大な過失となりうる場合
   本人の重大な過失となりうる場合とは、
   「故意」と同視しうる程度に注意義務に著しく違反する場合であり、
   その事例は、典型的には以下のとおり。
 【1】本人が他人に暗証を知らせた場合
 【2】本人が暗証をキャッシュカード上に書き記していた場合
 【3】本人が他人にキャッシュカードを渡した場合
 【4】その他本人に【1】から【3】までの場合と同程度の著しい注意義務
    違反があると認められる場合
 (注)上記【1】および【3】については、病気の方が介護ヘルパー(介護
   ヘルパーは業務としてキャッシュカードを預ることはできないため、
   あくまで介護ヘルパーが個人的な立場で行った場合)等に対して暗証を
   知らせた上でキャッシュカードを渡した場合など、やむをえない事情が
   ある場合はこの限りではない。

2.本人の過失となりうる場合
   本人の過失となりうる場合の事例は、以下のとおり。
 【1】次の(1)または(2)に該当する場合
 (1)金融機関から生年月日等の類推されやすい暗証番号から別の番号に
    変更するよう個別的、具体的、複数回にわたる働きかけが行われた
    にもかかわらず、生年月日、自宅の住所・地番・電話番号、勤務先の
    電話番号、自動車などのナンバーを暗証にしていた場合であり、かつ、
    キャッシュカードをそれらの暗証を推測させる書類等(免許証、健康保
    険証、パスポートなど)とともに携行・保管していた場合
 (2)暗証を容易に第三者が認知できるような形でメモなどに書き記し、
    かつ、キャッシュカードとともに携行・保管していた場合

 【2】【1】の他、次の(1)のいずれかに該当し、かつ、(2)のいずれかに
  該当する場合で、これらの事由が相まって被害が発生したと認められる場合
 (1)暗証の管理
  ア:金融機関から生年月日等の類推されやすい暗証番号から別の番号に変更
    するよう個別的、具体的、複数回にわたる働きかけが行われたにもかか
    わらず、生年月日、自宅の住所・地番・電話番号、勤務先の電話番号、
    自動車などのナンバーを暗証にしていた場合
  イ:暗証をロッカー、貴重品ボックス、携帯電話など金融機関の取引以外で
    使用する暗証としても使用していた場合
 (2)キャッシュカードの管理
  ア:キャッシュカードを入れた財布などを自動車内などの他人の目につきや
    すい場所に放置するなど、第三者に容易に奪われる状態においた場合
  イ:酩てい等により通常の注意義務を果たせなくなるなどキャッシュカード
    を容易に他人に奪われる状況においた場合

 【3】その他【1】【2】の場合と同程度の注意義務違反があると認められる
  場合


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/586-e2fe9d6d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール


こんにちは!

家庭の防災・防犯コンサルタント
秋吉 光司です。

秋吉 光司


子供の頃から自然に接するのが
好きで現在もスキー・ラフティング
・キャンプといったアウトドアで
過ごす時間を大事にしています。
自然の中では、その素晴らしさと
一緒に“怖さ”を知ることが大事。
この自衛・救命・救助の体験学習
が、私のサバイバルの基本です。

「防災」に強く関心を持ったきっ
かけは、阪神淡路大震災でした。
友人・取引先・関連会社など多数
の知り合いが被災しました。
この時見聞きしたこと・経験から、
家の補強や避難の装備といった
「備え」の大切さと共に、
被災に対応するサバイバルな
「心構え」「状況判断」の大切さ
を実感し、必要な知識を身に付け
なければならない、と強く確信し
たからです。
この気持ちは自分が家庭を持って
更に強いものとなりました。

こうして集めた情報を、友人達や、
家庭を持つ多くの方にも伝える為
に、2004年10月よりメールマガジン
「暮らしの安心・安全を築く、総合
セキュリティ情報」として配信して
います。

※現在(2005/11~)メールマガジンは
暫定休刊とさせて頂いております。

 Koji Akiyoshi (K's Works)

メールフォーム

秋吉への質問・ご意見は
こちらからどうぞ。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。