Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/581-72386a4d

-件のトラックバック

-件のコメント

[C6] 新ブログおめでとう!

秋吉さん、新ブログ立ち上げおめでとうございます。
私もこのカテゴリーは、好きなんです。なぜか、怖いですけどいつ関東大震災なみの地震がきてもおかしくないからです。それを極力防御したいからです。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

10/05の挨拶文

 Yahoo!…津波警報を携帯でも表示
  http://www.zakzak.co.jp/top/2005_10/t2005100337.html

 ヤフーは、気象庁が津波警報を発令した場合、
 速やかに携帯電話の自社サイト上で表示し利用者に周知するサービスを
 11月にも始める方針を明らかにした。
 パソコン用サイトでは既に同様のサービスを実施しているが、緊急性に
 富む携帯電話に拡大することで、災害対策を強化する。

 新サービスは、同社の各サービスの最初のに津波警報の発令を掲載する。


 最近Yahoo!はこういったサービスにとても力を入れてますね。
 Yahoo!カテゴリの災害はかなり細かく分類されています。

 また、Yahoo!災害情報には、大規模災害時に被災者の安否情報等を
 インターネット上に登録・蓄積することのできるIAAシステム
  http://www.iaa-alliance.net/
 へのリンクがあります。

 今日はこのシステムの紹介をしたかったのです。

 このIAAシステムのIAAはI Am Aliveの意味です。

 NTTの災害用伝言ダイヤル(171)や携帯電話のi-modeの災害用伝言板
 との違いは、
  1)電話番号が分からない知人の情報を検索することが出来る
  2)海外から安否を確認することが出来る。
  3)電話・携帯電話を持たない人も利用することができる。

 このサービスはPC、携帯に対応しており、インターネットにアクセス出来る
 環境があれば、万人が登録・検索を出来るシステムになっています。

 離れて暮らしている親族友人へ、電話は通じていないけど、無事を伝えたい。
 確かあの人の住んでいたのは、今回の被災地だと思うけど、大丈夫だろうか?
 といった状況での使用が考えられます。

 サイトには“体験版ページ”が用意されています。
  http://www.iaa-alliance.net/subscribe-test01.html
 自分の登録には、名前(ひらがな・ローマ字・漢字)や状況を登録。
 代理での登録には、報告者名と確認時間、本人との関係を記入します。

 こういった災害時の支援サービスをいろいろと知った上で、
 貴方の家族の構成・状況によって、適していると思われるサービスを
 選らび、更に、いざ使う状況になってから慌てないように可能な限り、
 体験利用してみましょう。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/581-72386a4d

0件のトラックバック

1件のコメント

[C6] 新ブログおめでとう!

秋吉さん、新ブログ立ち上げおめでとうございます。
私もこのカテゴリーは、好きなんです。なぜか、怖いですけどいつ関東大震災なみの地震がきてもおかしくないからです。それを極力防御したいからです。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール


こんにちは!

家庭の防災・防犯コンサルタント
秋吉 光司です。

秋吉 光司


子供の頃から自然に接するのが
好きで現在もスキー・ラフティング
・キャンプといったアウトドアで
過ごす時間を大事にしています。
自然の中では、その素晴らしさと
一緒に“怖さ”を知ることが大事。
この自衛・救命・救助の体験学習
が、私のサバイバルの基本です。

「防災」に強く関心を持ったきっ
かけは、阪神淡路大震災でした。
友人・取引先・関連会社など多数
の知り合いが被災しました。
この時見聞きしたこと・経験から、
家の補強や避難の装備といった
「備え」の大切さと共に、
被災に対応するサバイバルな
「心構え」「状況判断」の大切さ
を実感し、必要な知識を身に付け
なければならない、と強く確信し
たからです。
この気持ちは自分が家庭を持って
更に強いものとなりました。

こうして集めた情報を、友人達や、
家庭を持つ多くの方にも伝える為
に、2004年10月よりメールマガジン
「暮らしの安心・安全を築く、総合
セキュリティ情報」として配信して
います。

※現在(2005/11~)メールマガジンは
暫定休刊とさせて頂いております。

 Koji Akiyoshi (K's Works)

メールフォーム

秋吉への質問・ご意見は
こちらからどうぞ。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。