Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/580-a4356f64

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

個人情報紛失 5件

 しかし・・・・減らないねぇ~。


1)三菱UFJ証券、パスワード通知書810人分流出の恐れ
  http://www.asahi.com/national/update/1004/TKY200510040442.html

 三菱UFJ証券は、電話を通じた株取引などに必要なパスワードの通知書を
 顧客に送付したところ、810人分が本人以外に配達された可能性があると
 発表した。
 配達先の住所を間違ったためで、通知書にはパスワードと氏名、口座番号が
 記載されていた。同社は誤送がわかった3日にパスワードを無効にした。
 いまのところ不正取引は確認されていないという。


2)955人分の契約情報紛失 日本興亜損保、車上荒らしで
  http://www.asahi.com/national/update/1003/TKY200510030354.html

 日本興亜損害保険は、金沢市の代理店が管理していた顧客情報955人分
 を紛失していた、と発表した。代理店主が、契約者宅に立ち寄った時に駐車
 していた営業車から、情報を記した書類をかばんごと盗まれたという。


3)JTB社員、顧客データ591人分紛失・電車に忘れる
  http://it.nikkei.co.jp/security/news/index.aspx?i=2005093008296ca

 旅行会社最大手のJTBは30日、591人分の顧客データが入ったショルダー
 バッグを添乗帰りの男性社員(26)が電車内に置き忘れ、紛失していた。
 JTBによると、28日午後8時50分ごろ、帰宅途中の社員が東武東上線
 みずほ台駅で下車した際、網棚にバッグを置き忘れた。
 バッグには、129人分の住所、氏名、電話番号、性別、年齢を記載した
 ツアー参加者の名簿と、10月のツアー申込者462人分のデータを記録した
 メモリーカードが入っていたという。


4)大和、3692人分の顧客情報紛失
  http://it.nikkei.co.jp/security/news/privacy.aspx?i=2005092804962ce

 大和証券グループ本社は、3692人分の顧客情報を紛失したと発表した。
 紛失したのは、大和SMBC決済部大阪決済課が保管していた、従業員向けの
 積立投資信託の個人名や積立額などの取引状況が記載されたマイクロフィルム
 の一部。


5)全日空、個人情報約7000件を紛失
  http://it.nikkei.co.jp/security/news/privacy.aspx?i=2005092709112ce

 全日本空輸は、機内誌の送付先6984人の氏名や住所など個人情報が入ったFD
 を紛失したと発表した。同社は国土交通省に報告するとともに、警視庁葛西署
 に遺失物届を提出、顧客への連絡を始めた。
 同社によると、フロッピーに入っていたのは、搭乗が年間50回以上などの条件
 を満たす「ANAスーパーフライヤーズカード」会員の氏名、住所、会社名等


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/580-a4356f64

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール


こんにちは!

家庭の防災・防犯コンサルタント
秋吉 光司です。

秋吉 光司


子供の頃から自然に接するのが
好きで現在もスキー・ラフティング
・キャンプといったアウトドアで
過ごす時間を大事にしています。
自然の中では、その素晴らしさと
一緒に“怖さ”を知ることが大事。
この自衛・救命・救助の体験学習
が、私のサバイバルの基本です。

「防災」に強く関心を持ったきっ
かけは、阪神淡路大震災でした。
友人・取引先・関連会社など多数
の知り合いが被災しました。
この時見聞きしたこと・経験から、
家の補強や避難の装備といった
「備え」の大切さと共に、
被災に対応するサバイバルな
「心構え」「状況判断」の大切さ
を実感し、必要な知識を身に付け
なければならない、と強く確信し
たからです。
この気持ちは自分が家庭を持って
更に強いものとなりました。

こうして集めた情報を、友人達や、
家庭を持つ多くの方にも伝える為
に、2004年10月よりメールマガジン
「暮らしの安心・安全を築く、総合
セキュリティ情報」として配信して
います。

※現在(2005/11~)メールマガジンは
暫定休刊とさせて頂いております。

 Koji Akiyoshi (K's Works)

メールフォーム

秋吉への質問・ご意見は
こちらからどうぞ。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。