FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/576-0ae4e54c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

子供気になり避難所使わず・豪雨被災地の新潟で調査

 これはとてもショッキングなことです。早急な検討・対処の必要があります。


  http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20051003STXKB051303102005.html

 三井住友海上グループのインターリスク総研が今年4、5月に、
 長岡造形大の協力で乳幼児を持つ500世帯を対象に実施したアンケート。
 206世帯が回答した。

 昨年7月の集中豪雨で9人が死亡した新潟県三条市で、乳幼児を持つ親の多くが
 自宅に被害を受けながら「子どもが周りに迷惑をかける」ことなどを理由に
 避難所を利用しなかったことが、民間の研究機関による同市でのアンケートで
 分かった。

 大半の親は「災害時には弱い立場になる」との認識を示し、情報提供などで
 行政への不満も目立つ。
 最近の災害で犠牲になるケースが多い高齢者とともに、乳幼児対策も急務と
 言えそうだ。

 このうち自宅に被害があったのに避難所に行かなかったのは76世帯。
 理由(複数回答)として
 「子どもが泣いたりなど周囲に迷惑」が57.9%で最も多く、
 「子どもが精神的に落ち着かない」(47.4%)、
 「育児ストレスなど自分の精神面に悪影響」(32.9%)などを挙げた。


 少子化という言葉が、時代を表す言葉のように扱われても、
 こういう本質的なケアには至っていないのが現実なのだろう。
 実際、避難所の暮らしというのはプライベートもほとんどなく、
 とてもストレスの強い状況になるだけに、大きな問題に発展する可能性
 と災害時への備え・対応を見直す必要を充分に秘めたアンケート結果だ。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/576-0ae4e54c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール


こんにちは!

家庭の防災・防犯コンサルタント
秋吉 光司です。

秋吉 光司


子供の頃から自然に接するのが
好きで現在もスキー・ラフティング
・キャンプといったアウトドアで
過ごす時間を大事にしています。
自然の中では、その素晴らしさと
一緒に“怖さ”を知ることが大事。
この自衛・救命・救助の体験学習
が、私のサバイバルの基本です。

「防災」に強く関心を持ったきっ
かけは、阪神淡路大震災でした。
友人・取引先・関連会社など多数
の知り合いが被災しました。
この時見聞きしたこと・経験から、
家の補強や避難の装備といった
「備え」の大切さと共に、
被災に対応するサバイバルな
「心構え」「状況判断」の大切さ
を実感し、必要な知識を身に付け
なければならない、と強く確信し
たからです。
この気持ちは自分が家庭を持って
更に強いものとなりました。

こうして集めた情報を、友人達や、
家庭を持つ多くの方にも伝える為
に、2004年10月よりメールマガジン
「暮らしの安心・安全を築く、総合
セキュリティ情報」として配信して
います。

※現在(2005/11~)メールマガジンは
暫定休刊とさせて頂いております。

 Koji Akiyoshi (K's Works)

メールフォーム

秋吉への質問・ご意見は
こちらからどうぞ。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。