FC2ブログ

Entries

運転中に携帯電話等を注視してはいけません!?

  道路交通法の一部改正した法律が、本日11月1日から施行します。
 ここでは、携帯電話の運転中の使用に関する罰則について報告します。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◆運転中に携帯電話等を注視してはいけません!?

  http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/doukou/doukou.htm
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  警視庁のサイトを見ると、自動車や原動機付自転車の走行中の携帯電話等
 の使用等は禁止されていますが、改正前は走行中の携帯電話等の使用により、
 「道路における交通の危険を生じさせた」場合に罰則対象であったのが、この
 改正で、走行中に、「携帯電話等を手で保持して通話したり、メールの送受信
 等のために画像表示用装置を手で保持して注視した」場合となり、交通の危険
 を生じさせなくても罰則の対象となるとのことです。

 これどう思います?
 結局走行中はハンドフリーセットで話せば、OKということになります。
 しかし運転中の電話通話がその人間の運転作業能力に及ぼす悪影響は
 いろいろなテレビ番組で何度もやっているじゃないですか。
 意識は会話に集中し、ハンドルが疎かなドライバーをよく見掛けます。
 そろそろ走行中の携帯通話はダメとはっきりしてほしいですね。

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/45-92770a3f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール


こんにちは!

家庭の防災・防犯コンサルタント
秋吉 光司です。

秋吉 光司


子供の頃から自然に接するのが
好きで現在もスキー・ラフティング
・キャンプといったアウトドアで
過ごす時間を大事にしています。
自然の中では、その素晴らしさと
一緒に“怖さ”を知ることが大事。
この自衛・救命・救助の体験学習
が、私のサバイバルの基本です。

「防災」に強く関心を持ったきっ
かけは、阪神淡路大震災でした。
友人・取引先・関連会社など多数
の知り合いが被災しました。
この時見聞きしたこと・経験から、
家の補強や避難の装備といった
「備え」の大切さと共に、
被災に対応するサバイバルな
「心構え」「状況判断」の大切さ
を実感し、必要な知識を身に付け
なければならない、と強く確信し
たからです。
この気持ちは自分が家庭を持って
更に強いものとなりました。

こうして集めた情報を、友人達や、
家庭を持つ多くの方にも伝える為
に、2004年10月よりメールマガジン
「暮らしの安心・安全を築く、総合
セキュリティ情報」として配信して
います。

※現在(2005/11~)メールマガジンは
暫定休刊とさせて頂いております。

 Koji Akiyoshi (K's Works)

メールフォーム

秋吉への質問・ご意見は
こちらからどうぞ。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文: