Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/263-ed55b77e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「防災(地震)準備」シリーズ 第8回


 第8回は、『備蓄Boxの準備、その1』

 無事に避難した後、時間をおいて取り出すのがこの『備蓄Box」です。
 よって、家が倒壊する可能性を考え、取り出しやすい場所に保管します。

 それでは、保管場所(=避難部屋)を検討しましょう。
 家の中であれば、「柱が多い・壁の面積が多い」等の点から一番安全と思わ
 れる部屋を災害時避難部屋としましょう。トイレだって良いのです。
 そして、震災時は火の始末等の初期対処後にここに集合します。
 家の外であれば、物置や車のガレージ、車のトランクなども有効な保管場所
 になります。そこに備蓄Boxを保管します。

 備蓄Boxはどういうものが良いのでしょう。セレクトのポイントとしては、
 万が一家が倒壊して、埋もれてしまっても中のものが保護できる強度
 のある丈夫なコンテナが望ましいでしょう。
 この手のコンテナはDIYで比較的安価に販売されています。
 コンテナの数は、家族構成員を考え、備蓄量や必要に応じて、
 「個人用」「家族共同用」「予備用」と分けて用意しましょう。
 重要なのは、各コンテナに内容物品目リストを入れること。
 特に食品の消費期限などはこのリストに明記し、必要な更新入替の時期
 が判るようにしておきましょう。

 備蓄Boxの内容物・量についてですが、大人用約5日分を目安にしています。
 非常持出し袋を持って避難したことを前提にしていますので、両方を併せて
 一週間の単独避難生活が可能な物量ということになります。

 日本国内に居住している以上、一週間も単独避難生活をすることはまずない
 と言えます。そしてこの備蓄Boxは「避難生活を楽にする」のが目的です。

 例えば、
  配給されたお弁当を温めて食べる。お弁当に一品缶詰・レトルトを足す。
  トイレに並ぶ回数を減らす。(特にお年寄り・子供がいるご家庭)
  お風呂に入れない身体をきれいにする。
  読書やカードゲームで気を紛らわす。  など
 ちょっとした生活便利品があることで、気持ちの持ちようが変わります。


 次回は具体的な備蓄Boxの内容について、お送りします。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/263-ed55b77e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール


こんにちは!

家庭の防災・防犯コンサルタント
秋吉 光司です。

秋吉 光司


子供の頃から自然に接するのが
好きで現在もスキー・ラフティング
・キャンプといったアウトドアで
過ごす時間を大事にしています。
自然の中では、その素晴らしさと
一緒に“怖さ”を知ることが大事。
この自衛・救命・救助の体験学習
が、私のサバイバルの基本です。

「防災」に強く関心を持ったきっ
かけは、阪神淡路大震災でした。
友人・取引先・関連会社など多数
の知り合いが被災しました。
この時見聞きしたこと・経験から、
家の補強や避難の装備といった
「備え」の大切さと共に、
被災に対応するサバイバルな
「心構え」「状況判断」の大切さ
を実感し、必要な知識を身に付け
なければならない、と強く確信し
たからです。
この気持ちは自分が家庭を持って
更に強いものとなりました。

こうして集めた情報を、友人達や、
家庭を持つ多くの方にも伝える為
に、2004年10月よりメールマガジン
「暮らしの安心・安全を築く、総合
セキュリティ情報」として配信して
います。

※現在(2005/11~)メールマガジンは
暫定休刊とさせて頂いております。

 Koji Akiyoshi (K's Works)

メールフォーム

秋吉への質問・ご意見は
こちらからどうぞ。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。