FC2ブログ

Entries

『家族での防災会議』

 さて「防災(地震)準備」シリーズNo.2
┌――――――――――――――――――――――――――――――┐
 ◆『家族での防災会議』
└――――――――――――――――――――――――――――――┘
 地震発生(災害)の時の対応について、普段から家族で話しておきましょう。

 ◎「避難場所」として、まず家族がおちあう場所を決めておきましょう。
  候補としては、【近くの学校・公園・空き地】などの広くて安全な場所。
  お住まいの自治体の「一次集合場所・広域避難場所」を確認しましょう。
  備蓄食料他の防災時の準備が整っているはずです。

 ◎「連絡方法」に関して、
  家族が揃っているときに災害が起こるとは限りません。
  むしろ父親は会社、母親は買物、子供は学校等、離れているときのことを想定
  して、連絡方法を決めましょう。また公衆電話は数日で復旧すると思われます。
  離れたところに住む親戚、知人宅を連絡先に決めて、そのメモを各自常備する
  といった準備をしておくのも良いでしょう。

 ◎「避難時の役割」
  役割としては、「脱出口の確保」「非常持出し袋(防災袋)の持出し」
  「防火対策(ガス・電気)」「脱出時の幼児・老人の介助」等でしょうか。

  そして、地震が起きたときのシュミレーションをしておきましょう。
 例えば、家族が皆家にいる場合、、家族がバラバラの場合等いろいろな場面を
 想定して、家族で決めた役割や安全な避難方法、連絡方法などを確認しましょう。

 次回は「地震に備えて、我が家のチェック!」をお送りします。

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://securityinfo.blog21.fc2.com/tb.php/14-70f561e8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール


こんにちは!

家庭の防災・防犯コンサルタント
秋吉 光司です。

秋吉 光司


子供の頃から自然に接するのが
好きで現在もスキー・ラフティング
・キャンプといったアウトドアで
過ごす時間を大事にしています。
自然の中では、その素晴らしさと
一緒に“怖さ”を知ることが大事。
この自衛・救命・救助の体験学習
が、私のサバイバルの基本です。

「防災」に強く関心を持ったきっ
かけは、阪神淡路大震災でした。
友人・取引先・関連会社など多数
の知り合いが被災しました。
この時見聞きしたこと・経験から、
家の補強や避難の装備といった
「備え」の大切さと共に、
被災に対応するサバイバルな
「心構え」「状況判断」の大切さ
を実感し、必要な知識を身に付け
なければならない、と強く確信し
たからです。
この気持ちは自分が家庭を持って
更に強いものとなりました。

こうして集めた情報を、友人達や、
家庭を持つ多くの方にも伝える為
に、2004年10月よりメールマガジン
「暮らしの安心・安全を築く、総合
セキュリティ情報」として配信して
います。

※現在(2005/11~)メールマガジンは
暫定休刊とさせて頂いております。

 Koji Akiyoshi (K's Works)

メールフォーム

秋吉への質問・ご意見は
こちらからどうぞ。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文: